相性占いで人との関わり方を見なおしてみる

その種類

水晶

得意、不得意もある

相性占いには実に様々な種類があります。これらの占いは占いたいことを予め絞っておくことにより、それに必要な占いを選んで組み立て、占い師がいなくても自分で本を読めば、素人でも簡単に占いができるようになってきています。占い師に依頼して占ってもらう時には相性占いや動物占いを専門としているなんて人はおりません、たいていが命・卜・相の3つの分野に分類された占いのどれか1つで見てくれます。
それは、四柱推命だったり、タロット占いだったりと様々な方法がありますが、その占いによって得意不得意があります。相性占いが得意な物もあれば、金銭占いが得意な物もあれば、恋愛占いが得意な物もあります。占い師が行う時には、自然と依頼者が占って欲しい問題に適している占いを利用してくれるようになっています。しかし、本を読みながら素人が占いをする時にそんな専門的な知識が必要なことができる余裕のある人はほとんどいません。
そのため、占い関係の書籍は最初から占いに利用する書籍別に金銭運が知りたい人向け、人との相性を占いたい相性占い向け、日常的な運気を占いたい人向けというように分類されてて販売されているのです。
命・卜・相の分類ですが、この3つの文字の意味ですが 、まず「命」ですが、これは誕生日を基準に関係を行う占い方法でいわゆる「あなたの運命」 、つまり、運命、宿命とも言われ、生まれた生年月日や生まれた場所あるいは生まれた様々な環境要素を超えることによって個人の性質や傾向あるいは人生の流れや人生における相性の合う人などを占う相性占いなどの占い方法です。
代表的なものに四柱推命や星座占いおよび西洋占星術(ホロスコープ)などがあります。次に「卜」(ボク)ですが、それぞれの個人は関わりあう事象を占う時に活用する占い手法です。何かを決断しなければならない時に用いられることが多く占いをする時期や占いをした時に出た内容などと様々な要素を重ね合わせ鑑定する占い処方です。代表的なの占いに周易やタロット相性占い、水晶相性占いなどがあります。